娘が幼稚園に入ってビックリしたのが、一人っ子がほとんどいないということ。地域的なものもあるのかもしれないけど、結局一人っ子はクラスでうちだけだった。3人兄弟が一番多くて、4人とか、5人兄弟も珍しくなくて、一人っ子&早生まれの娘ののんびりさがさらに際立って見えたものでした。
東京に住んでいたときは一人っ子の友達が多かったし、ついでに言えばお母さんの年齢も似たような感じだったけど、ここではお母さん達も若い!新米ママのくせに年長者で一人っ子ということもあって、PTAの役員引き受けました...

口には出さなかったけど、「もう一人欲しい」という気持ちをずっと抱えていたこともあり、何人もの子供を育てているママ友の発言に過剰に反応したり、何気ない一言に傷ついたりしたなぁ〜。というか、現在も進行形だけど。何かと急がしそうなママ友(実際忙しいんだけど...)に対して「うちは一人だから大変だなんて言っちゃいけない」と思ってしまうのよね。

ブログのタイトルを「ひとりっこですけどっ!!」なんて意気がってつけてるけど、一人っ子であることにコンプレックスがバリバリ!!(笑)私自身が三姉妹で兄弟姉妹のよさを知っているから、一人っ子はかわいそうだなって思う気持ちが私自身の中のどこかにあって、引け目を感じてしまうんだろうな。